無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山3@エル・チャルテン_世界一周旅行57

$かもねぎ世界一周。~地球をぐるりと飲み歩き~

※前回→無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山2@エル・チャルテン_世界一周旅行56からの続き

 

フィッツロイトレッキングを終えた翌日、宿で目を覚ました私は自分の置かれている状況に恐怖した。

動けない。目は覚めているのに一歩も動けないのだ。さらに痛みも襲ってくる。
こわい。わたしはいったいどうなってしまうのだろうか。動いたらどうなってしまうのか。

筋肉痛こわい。

恐怖のあまり正午過ぎまで寝た。
しかし寝すぎたもので空腹になった。意を決して起き上がる。

予想される痛みに心の中で備える。足に力を入れ、動かす。途端に激痛が走った。
予想を超えた激痛が走った。あんまり痛かったので「え、怪我してた?」と思わず足を見て確認してしまう。

もちろん怪我は無かったのだが、この日はひたすら筋肉痛と闘うことになった。
なにをするにしても痛みに耐えることが必要になった。

ベッドから床に足をつける時には「ぐうう」と足を踏ん張り、
一歩踏みしめるたびに「ふっ」と息を吐き、
階段を上る際は「ぎぃぃ」と手すりにつかまった。

ひ弱っ子、ここに極まる。

それなのになぜか私はこの日も往復10kmのトレッキングに行った。
ぴっこを引き山道を歩いた。

間断なく襲う痛みを自分から引き起こす。今日からはじめるセルフ拷問☆狂気の沙汰である。

目的地である5km地点に着いた際は足が痛すぎて座ることができなかった。
座ったが最後、立ち上がれないだろうとおもったからだ。私は限界だった。

そして帰り道。
みなさん知っていますか。限界を超えて動き続けると人間がどうなるか。

私はずっと歌っていました。

頭の中でわけのわからない「びびでばびでぶう」という歌をずっと歌っていました。
さらに時々なぜか笑っていました。一人で笑っていました。

わけがわかりません。

もうほんとうに限界だったようです。ただ、町を見つけたときの感動だけが記憶に残っています。

「もう、歩かないでいい」

その感動は絶景を見た感動にも匹敵するものでした。

フィッツロイトレッキングの写真はこちら
<画像集>アルゼンチン・フィッツロイ山系

 

<関連記事>
次回→ワイン飲み放題@メンドーサ_世界一周旅行58
前回→無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山2@エル・チャルテン_世界一周旅行56

 

世界中の格安ホテルが予約できるサイト

2件のコメント

  • 熊五郎の家

    SECRET: 0
    PASS:
    トレッキングの写真に感動、一番の感動はふくろう。くそ熱い日本を脱出しているねぎ君が、ほんとにうらやましい。でも、そっちは寒すぎる気もするが。これからも自虐ネタ、待っています。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >熊五郎の家さん
    私はそっちがうらやましいです。こっちは寒すぎです笑。
    気温を足して2で割ってほしいです

コメントを残す