コロンビア・ベネズエラ(ククタ→サン・アントニオ→サン・クリストバル)の国境での交通情報

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コロンビア側の国境を越える

コロンビアから陸路(バス)で国境を越え、ベネズエラに行く際の情報です。

ベネズエラは公定レートがめちゃくちゃ悪いので、闇両替せざるを得ませんので、その情報も載せてます。

 

 

交通(移動方法)情報

コロンビア首都ボゴタ

夜行バス

(ベネズエラ側の国境の町に泊まる気がなければ午後1時発くらいがベスト)

ククタ(コロンビア国境の町)のバスターミナル

市バス(1500COP(130円))

※タクシーは25000cop、乗り合いタクシー5000copほど。モトタクシー(バイク便)もあり。

市バス以外、要交渉。特にタクシーは性質の悪いやつが多いので注意が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コロンビア側

国境(国境には川が流れており、橋を渡って国境を越えます。)

※コロンビア・ベネズエラのイミグレはそれぞれ歩いて行ける距離にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国境の川にまたがる橋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベネズエラ側

サン・アントニオ(ベネズエラ側の国境の町)

※ベネズエラ側、サン・アントニオのバス停は意外と遠いのでバスで来た方はがんばって歩いてください。大通りを歩いていれば、いずれサン・クリストバル行きのバスを呼び込みが行われている場所に着きます。

交通手段:バス(12.5BSF(1400円)、4時間ほど。)

サン・クリストバル

 

注意点

■雨季は特にコロンビア側で道が土砂崩れで封鎖されます。
ひどい場合は、国境に向かえない事すら有り得ますので、バスの時間は相当長めに見積もったほうがよいと思います。
■ベネズエラの長距離バスは、検問だらけです。

しかも、検問の係員は腐ったやつが多いです。とりあえず貴重品はきちんと守ってください。特に外貨。特にドル。巻き上げられます。

 

■長距離バスに乗る際は、必ず手荷物にパスポートを。検問で必要です。
■客引きに注意

サン・クリストバルからシウダーボリバルに向かうターミナルにはバスの客引きがたくさんいますが、こいつらからチケットを買うと、窓口より高くついたりします。窓口で買うほうがベターです。

■ベネズエラの両替
ベネズエラは闇両替をしないとすさまじく損をします。ATMは公定レートですので、コロンビアで現金(ドルがベスト)を十分用意してください。

両替事情

■闇両替について

ベネズエラは公定レートがバカみたいに高いので、闇両替必須です。

注意事項で書いた内容と重なりますが、必ずコロンビアで十分なお金(ベネズエラで過ごすぶんのお金)を用意してください。ATMを利用すると、公定レートでの引き出しになりますので、自分だけ周囲に比べ物価が倍以上になります。

 

※ベネズエラのお金は他国のお金に両替できません。他国にいった瞬間、紙くずとなりますので必要両替は必要最小限に。

※2016年追記

ベネズエラはインフレのせいで公定レート⇔闇レートの差が倍どころか100倍以上になっています。闇両替必須。闇両替すれば世界一安い物価になります。

 

■T/Cについて

T/Cは一応両替できますが、レートは良くないです。現金を用意しておくほうが良いです。

 

■両替の場所・方法の優先順位について

両替の場所・方法の優先順位(お得な方法)としては以下の通り。

  1. シウダーボリバルで両替
    Salto Angelというツアー会社1ドル=8.1BSF(ベネズエラの通貨)
  2. コロンビア側の国境、ククタでコロンビアペソからの両替
    コロンビアペソ1000COP=450BSF
    (ドル換算だと1ドル=8.05BSFほど)。
    なお、ドルから直接両替すると、1ドル=7BSFいけばいいほう
  3. その他のカラカス、シウダーボリバル、サン・クリストバルなどの両替屋での両替(コロンビアペソ→BSFのほうがよい)
  4. 空港での両替
  5. T/Cからの両替
  6. 公定レート(ATMでの引き出し)

ちなみに、ブラジルから入国する際は、
■レアル→BSF
ベネズエラ内のサンタ・エレナ・デ・ウアイレンがよいかと。

■ドル→BSF
シウダ-ボリバルのSalto ANGELがお得です。

 

以上、参考になりましたら幸いです

世界中の格安ホテルが予約できるサイト

コメントを残す