イスチグアラスト・タランパヤ国立公園旅行記@ラ・リオハ_世界一周旅行61

※イスチグアラストとタランパヤ国立公園の画像集と行き方の記事はこちらです →画像&行き方:イスチグアラスト・タランパヤ国立公園@アルゼンチン   バックパッカーはきたない。 そんなイメージを抱いている人も多いだろう。しかし、それは甘い。 一昔前のおしゃれにまったく気を使わないバックパッカーに関してはたしかに正しい。 しかし、今どきのバックパッカーには訪れた町で服を買い、化粧品をきちんと持…
「イスチグアラスト・タランパヤ国立公園旅行記@ラ・リオハ_世界一周旅行61」の続きを読む

アルゼンチンの宿と酒盛り@サン・アグスティン_世界一周旅行60

朝起きると上におっさんがいた。 知らないおっさんが上のベッドで寝ていた。 私はドミトリーという共同部屋で二段ベッドの下に泊まっていたのだが、その上のベッドに靴のまま寝ている。 部屋に荷物が増えていないところを見ると、夜到着した客とかでもなさそうだ。 なんだこいつは。と思ったのだが、この日はイスチグアラスト国立公園に行くために忙しかった私はおっさんをほっといた。 国立公園から帰ってきたら誰か尋ねよう…
「アルゼンチンの宿と酒盛り@サン・アグスティン_世界一周旅行60」の続きを読む

アルゼンチンの月の谷へ@サン・アグスティン・デル~_世界一周旅行59

サン・アングスティン・バジェ・デル・フェルティという町に ほど近いイスチグアラスト州立公園には「月の谷」と呼ばれる渓谷がある。 あまり有名な場所ではないのだが、月面とよく似た光景が見られる場所とのことだ。 ここの写真を見たときから、私にとってイスチグアラスト州立公園はアルゼンチンで訪問したい場所の一つになっていた。 しかし、この「サン・アングスティン・バジェ・デル・フェルティ」は、 小さな町らしく…
「アルゼンチンの月の谷へ@サン・アグスティン・デル~_世界一周旅行59」の続きを読む

アルゼンチンワイン飲み放題!ボデガ巡り@メンドーサ_世界一周旅行58

「アルゼンチンワインが飲み放題」 そんな言葉をアルゼンチン北部の町メンドーサで聞いた。 「酒にうるさい」と評判の私としてはこの情報は聞き逃せない。 「酒が入るとうるさい」だった気もするがとにかく聞き逃せない。 「至高の一本」を求め、宿で出会ったカズさんという方と一緒に この町にあるボデガ(ワイナリー)へワインの試飲へ行くことにした。 最初に訪れたボデガはガイドブックにも紹介されている有名ボデガ。 …
「アルゼンチンワイン飲み放題!ボデガ巡り@メンドーサ_世界一周旅行58」の続きを読む

無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山3@エル・チャルテン_世界一周旅行57

※前回→無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山2@エル・チャルテン_世界一周旅行56からの続き   フィッツロイトレッキングを終えた翌日、宿で目を覚ました私は自分の置かれている状況に恐怖した。 動けない。目は覚めているのに一歩も動けないのだ。さらに痛みも襲ってくる。 こわい。わたしはいったいどうなってしまうのだろうか。動いたらどうなってしまうのか。 筋肉痛こわい。 恐怖のあまり正午過ぎ…
「無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山3@エル・チャルテン_世界一周旅行57」の続きを読む

無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山2@エル・チャルテン_世界一周旅行56

※前回→無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山1@エル・チャルテン_世界一周旅行55からの続き   フィッツロイ山中でのトレッキング中のことである。女性に突然こう告げられた。 彼女は少し年上の地元の女性。オレンジ色の防寒着が一面真っ白な雪景色に映えていた。頬を赤く染め、うれしそうに笑っている。 私のファンだろうか。さすが私、外国でファンを獲得してしまった。 私の魅力はワールドワイドのよ…
「無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山2@エル・チャルテン_世界一周旅行56」の続きを読む

無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山1@エル・チャルテン_世界一周旅行55

ハー…・・・ハー・・・・・・ハー・・・・・・ 私は荒い息をはいた。目の前には女性がいる。私より少し年上に見える女性が居る。 目鼻立ちははっきりしており、髪の色は金色だ。 彼女は英語を喋っている。私に対して喋っている。 私の額にじっとりと汗が浮かぶ。 ハァー…・・・ハァー・・・・・・ハァー・・・・・・ 彼女の言葉が終わる。荒い息を整えつつ私は思った。 あっつい。 山へ向かうための装備でストーブの点い…
「無謀?真冬のパタゴニア、フィッツロイ登山1@エル・チャルテン_世界一周旅行55」の続きを読む

うらやましい。アルゼンチンのシエスタ@エル・チャルテン_世界一周旅行54

「はたらけ。もっとはたらけ」 勤労が美徳とされる日本ではこんなことをよく言われる。 だけど私はそれほど無理をして働いても仕方ないのではないかと思う。 無理をして能率が悪いだけだ。 日本の企業はアルゼンチンのように昼寝のために 長い休憩時間をとるシエスタの習慣をとりいれてもいいのではないだろうか。 私はエルチャルテンに着くなり、昼飯用の食材を買おうとスーパーへ向かった。 しかし、まだ午後1時だという…
「うらやましい。アルゼンチンのシエスタ@エル・チャルテン_世界一周旅行54」の続きを読む

注意!パタゴニアの日の出時間@エル・カラファテ→エル・チャルテン_世界一周53

この日、私は太陽が昇る前に起きた。 エル・チャルテンへの移動日である。移動日の早起きは旅行者としては当然のことだ。 治安の関係上、旅行者は新しい町では日が沈む前に宿を決め、一日の動きを終えなければならないからだ。 新しい町で動く時間を考えれば早起きするに越したことはない。 今日の私はまさに「旅行者の鏡」といえる。日本で私を「なまけものの鏡」とよんだ友人に この姿を見せてやりたい。きっと見直すことで…
「注意!パタゴニアの日の出時間@エル・カラファテ→エル・チャルテン_世界一周53」の続きを読む

最高♪アルゼンチンのペリトモレノ氷河@エル・カラファテ_世界一周旅行記52

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから南へ2500km。時間にして44時間。 私はバスに揺られ揺られて南米でも屈指の自然の宝庫パタゴニア、 その中でも屈指の景観をもつロス・グランシアレス国立公園へ向かった。 ペリトモレノ氷河を見るためだ。 幾重にも重なり、陽光を受けて青く輝く氷河。その中でも最大級の氷河、ペリトモレノ。 冬季に世界最南端に来るという愚行を犯し、寒風吹きすさぶ中見学したにもかかわらず…
「最高♪アルゼンチンのペリトモレノ氷河@エル・カラファテ_世界一周旅行記52」の続きを読む