コロンビア・ベネズエラ(ククタ→サン・アントニオ→サン・クリストバル)の国境での交通情報

コロンビアから陸路(バス)で国境を越え、ベネズエラに行く際の情報です。 ベネズエラは公定レートがめちゃくちゃ悪いので、闇両替せざるを得ませんので、その情報も載せてます。     交通(移動方法)情報 コロンビア首都ボゴタ ↓ 夜行バス (ベネズエラ側の国境の町に泊まる気がなければ午後1時発くらいがベスト) ↓ ククタ(コロンビア国境の町)のバスターミナル ↓ 市バス(1500C…
「コロンビア・ベネズエラ(ククタ→サン・アントニオ→サン・クリストバル)の国境での交通情報」の続きを読む

パナマ→コロンビアの国境(プエルト・オバルディア→カプルガナ)越え情報

先に書いておきますが、このルート(パナマシティからプエルト・オバルディアまで飛行機で行き、コロンビアのカプルガナに船で渡るルート)はおすすめしません。 過酷です。 パナマからコロンビアの首都ボゴタに行くのでしたら、パナマシティからボゴタまで飛行機で飛んだほうが安いし早いです。 このルートは結果的に微妙に高くついてしまうわりに最速で3日ほどかかります。 (詳しくは、こちらの旅日記を参照) →パナマ・…
「パナマ→コロンビアの国境(プエルト・オバルディア→カプルガナ)越え情報」の続きを読む

世界一美しい教会LAS LAJAS、ココにあり!エクアドル・コロンビア国境情報

コロンビア側の国境の町イピアレスにはLAS LAJASという名の、 「世界一美しい」と称される教会があります。 この教会は、町の郊外にある谷の間に立てられています。 断崖絶壁の谷とのコントラストが楽しめる昼も ライトアップされる夜も美しい教会でした。 この教会のために国境を訪れる人も多数(私もその一人)。 行ってみる価値はあると思うので、旅程に余裕があれば訪れてみてください。 ■LAS LAJAS…
「世界一美しい教会LAS LAJAS、ココにあり!エクアドル・コロンビア国境情報」の続きを読む

南米(コロンビア・ベネズエラ・ブラジル・パラグアイ)安宿/格安ホテル情報まとめ

南米(アルゼンチン・ボリビア・ペルー)の安宿、格安ホテル情報です。宿泊料金(値段)や住所、行き方、ほか、Wifiなどの施設についてもまとめました。日本人宿情報もあり コロンビア ボゴタ(BOGOTA) 宿名:Hostal SUE Candelaria 住所:la Canderia Centro Cra.3 No.14-18 ドミトリー20000COP。Wifiでネット無料、ホットシャワー、キッチン…
「南米(コロンビア・ベネズエラ・ブラジル・パラグアイ)安宿/格安ホテル情報まとめ」の続きを読む

コロンビア・ベネズエラ国境の手品@ククタ→サン・クリストバル_世界一周旅行記36

コロンビアは面白かったが、私の世界一周にはあまり時間がないため、もうベネズエラへ行かねばならない。 残念ではあるが、両替用に10ドル相当のコロンビア紙幣10枚を準備して私は国境の町ククタを訪れた。 ベネズエラへ向かうためだ。 ここから国境まで運行している市バスは私の乗ってきた長距離バスと発着場が同じで大変便利である。 本数がそれほど多くはないため、出発時間まで少々待たなければいけないのは難点だが、…
「コロンビア・ベネズエラ国境の手品@ククタ→サン・クリストバル_世界一周旅行記36」の続きを読む

治安はどう?コロンビアゲリラと私の印象@ボゴタ→ククタ_世界一周旅行記35

コロンビア人は親切だ。 町で道を尋ねれば無視をされたりすることはほぼない。 バスの乗り場を尋ねれば、連れて行ってくれ、目的のバスが来るまで一緒に待ってくれたりする。 しかし、私には一つだけ困ったことがあった。それは、 「コロンビアはどうだい?」 というコロンビア人によく聞かれた質問である。答えづらかった。 素直に答えれば「ゲリラがこわい」だからだ。 コロンビアには、ゲリラがいる。だからこそ、彼らコ…
「治安はどう?コロンビアゲリラと私の印象@ボゴタ→ククタ_世界一周旅行記35」の続きを読む

この作品、好きです。コロンビアの芸術家ボテロ@ボゴタ_世界一周34

コロンビアには有名な芸術家がいる。名はボテロ。 特徴的な作品を生み出すことで有名な彼の出身地がいま私のいるメデジンである。ここと首都ボゴタには彼が国家に寄贈した作品が飾られている美術館があるという。 知っている人は知っていると思うが、実は私は常日頃から美術に対し強い関心を持ち、稀有な美的センスをもつ芸術家としての一面もある。 その芸術性は、私のセンスを見込んだ、元同居人のカズヤの似顔絵を描いた際、…
「この作品、好きです。コロンビアの芸術家ボテロ@ボゴタ_世界一周34」の続きを読む

くさった奴!国境越えと人の本性@カプルガナ→トゥルボ_世界一周33

陸の孤島であるコロンビア国境の町、カプルガナから脱出するために、一緒に国境を越えたアルゼンチン人と共に船に乗る。 この船は現地人の足にもなっているようで、旅行者と思しき人間以外にも、老若男女様々な人が乗っている。 空はあいにくの曇りだが、コロンビアは現在雨季なので仕方がない。 しかし、船の屋根にただのブルーシートが一枚張ってあるだけのこの船はなんとかしてほしい。上に張られたそのブルーシート以外、船…
「くさった奴!国境越えと人の本性@カプルガナ→トゥルボ_世界一周33」の続きを読む