注意!マチュピチュのややこしい入場システム@クスコ_世界一周74

$かもねぎ世界一周。~地球をぐるりと飲み歩き~

アマゾン観光を終えた私は一気にボリビアを抜け、ペルーはクスコを訪れた。
マチュピチュへ向かうためだ。

だが、ここで私は驚愕の事実を知る。

現在、マチュピチュは飛び込みでの入場ができないというのだ。
事前に入場する日のチケットを購入していなければならないのだ。

ここに来て初めてその事実を知った私はもちろんチケットなど持っていない。
明後日にはマチュピチュへ行く予定だったのだが、先行きが怪しくなってきた。

私はチケットを手にすべく、すぐさまクスコのツーリストオフィスを訪れた。
中を見て驚いた。マチュピチュ行きのチケットを求める人で溢れている。

現在、マチュピチュのチケットはインターネットでも予約ができるのだが、
その購入のためのホームページがまだ色々と未整備のため、
インターネットでの購入がうまくいかなかったツーリストがこぞって集まっているのである。

かく言う私もその一人である。ここを訪れる前に
インターネットでの購入にトライしたのだが、
学生割引チケットの購入の仕方がわからず、ここを訪れたしだいなのだ。

長い列に並び、ようやく順番が来た。
チケット購入を受け付けている女性に学生割引チケットを求めた。

しかし、女性は首を横に振った。

「ごめんなさい、ここでは買えません。文化庁に行ってください」

てっきりここで購入できるものと思っていたのだが、なかなかめんどくさいことになってきた。
学生割引チケットくらいどこでも買えるようにしてほしい。

彼女にその文化庁までの地図を描いてもらい、私は文化庁へと向かった。
たどり着いた文化庁はツーリストインフォメーションの5倍はいようかと人で溢れていた。

今からこれに並ぶのか。少なく見積もっても、2時間は並びそうだ。気が重くなった。
イヤホンを耳にさし、音楽を聴きながらひたすら待った。

そして何曲聞いたかも定かではないほどの時間のあと、ようやく私の番がやってきた。

「学生割引のチケットください」
「ああ、今日やってないよ。2日後またきてね」

なめとんか。

どれだけ待ったと思っているのだ。いいから売ってくれ。
ここで買えなかったらどこで買えなかったどこで買えばいいのだ。

「他に買える場所はないね」

なめているんですね。よくわかります。
こうしている今もマチュピチュの入場チケットは次々と売られて、満杯になっていっているのですよ。
2日も待てるか。というか、2日といったら、私の入場したい日、当日だ。ええ加減にせいよ。

「はーい、次の人」

放り出された。
私はツーリストインフォメーションに戻った。

「チケット買えなかったぞ」
「今日、祝日ですからね」

買えないって知ってたんかい。
先に言ってほしい。わざわざ文化庁まで行ってバカを見たじゃないか。

しかし、もうさすがに学生チケットの購入は難しい。
あと2日も待っていては、マチュピチュに入れるのがいつになるかわからない。

私は学生割引を諦めて、高い一般チケットを購入した。
痛い出費である。しかも、空いていたのは5日後のチケットである。

私は少ない予算と狂った予定を思い、ため息をついた。
そこに声がかかった。

「私、同じ日にマチュピチュに行くの。よかったら、一緒に行かない?」

声をかけたのは、アメリカはニューヨーク出身の金髪美女、エリザベス。
スペイン語圏で英語を教える才女。

そんな女性からの逆ナンである。うらやましがるがよい。
だれがなんと言おうと、相手にその気が一ミリがもなくともこれは逆ナンである。

スペイン語の全然できない私を心配したツーリストインフォメーションの女性が、
彼女に私の保護者役として「彼と一緒に行かない?」と言っていたなどという
根も葉もある噂もあるが、それは非常に細かい問題である。

ここで重要なのは、天空都市と言われ、神聖な場所であるマチュピチュへ、
うら若い男女が二人っきりで行くという、その事実である。

もちろん、私は恋愛関係に潔癖な男性で、出会ってすぐの女性と二人っきりで行動をするということは本来お断りするところなのだが、彼女の意思を無駄にはできない。

しかたない、しかたないぞ。

「それじゃ、列車のチケットを買いに行きましょう」

そうだな。ちなみに、そのチケット、いくらぐらいなのだ?

「一番安いバックパッカークラスなら40ドルであるみたい」

なんだろう、バックパッカークラスが一番安いって。
バックパッカーをばかにしてんのだろうか。

40ドルなんて私のようなバックパッカーに払えるわけないだろう。
バックパッカーをバカにするな。もっと安くしろ。

「私は一つ上のビスタドームに乗るつもり。80ドルはちょっと高いけど、景色見たいから」

・・・・・・80?

私は彼女の申し出を断り、バスで行くことにした。
出会ったばかりの女性と二人っきりの旅なんてできなかったのだ。

われながら潔癖な男である。

 

<関連記事>
次回→バストとヒップとペルーのミスコン@アレキパ_世界一周旅行75
前回→感動!ジャングルの朝日。格安アマゾンツアー3@ルレナバケ_世界一周旅行73

 

・マチュピチュ入場チケットの取り方はこちら
マチュピチュ行く人必見!マチュピチュ入場・ネット利用で公式HPからのチケット取り方

世界中の格安ホテルが予約できるサイト

7件のコメント

  • サンコン

    SECRET: 0
    PASS:
    そこは無理して行ってくれよ(^ω^)

  • SECRET: 0
    PASS:
    >サンコンさん
    けっぺきですからね。
    そう、決してお金の問題ではないのですよ?はっはっは。
    貧乏ってつらいよねー

  • SECRET: 0
    PASS:
    はじめましてッ☆ブログ村から飛んできましたッ☆いろいろ旅に向けての参考にさせてください。チケットとれても5日後とかなんですねぇ(>O<)私も行く時は早めにとらなきゃ。。。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >ハチミツパーコさん
    こめんとありがとうございます♪
    はじめまして☆
    チケット、ワイナピチュのぼらなければ、2日後とかでも取れるらしいです。ただ、早め早めがいいのは間違いないですねー

  • SECRET: 0
    PASS:
    マチュピチュ旅行にあたり、ブログを参考にさせてもらいました。おかげさまで、チケット手配も問題なくできました。ありがとうございました。自分のブログにリンクさせてもらって良いですか?

  • ねぎ

    SECRET: 0
    PASS:
    >アニーさん
    お役に立ててなによりです。
    どんどん使ってやって下さい
    リンクもぜんぜんオッケーです。わざわざご連絡ありがとうございます♪

  • SECRET: 0
    PASS:
    >ねぎさん
    ありがとうございます。リンクさせて頂きます

コメントを残す