イッテQに挑戦?ボリビアのワイナポトシ山6088mを素人が登山2@ラパス_世界一周70

$かもねぎ世界一周。~地球をぐるりと飲み歩き~

零下10度を越える寒さの中、オーストラリア人カップルと共にくるガイドが
拾ってくれるのをひたすら待って、私は再び歩き出した。

大便じじいは置いてけぼりである。

長く休んでいたおかげで体は冷え切っていたが、体力は回復していた。
それになにより、今度のガイドはまともだった。

きちんと休みをくれた。普通のことのはずなのだが、これには感動した。

そしてさらに1時間も歩き、幅30cm、両端が崖、という
絶対に素人に歩ませてはいけないだろう道を越え、ついに私は山頂へたどり着いた。

6088m、ワイナポトシ山、登頂である。
雲の下から登ってくる太陽は大きな達成感と暖かさを与えてくれた。
感動で胸が熱くなった。

しかし、あまり浸っている暇はない。

日が昇ったということは、山頂付近は危険になるのである。
安全なところまで降りなければならない。ガイドに促されるまま、私たちは下山を開始した。

下山途中の道では暗かった行きには見えなかった
美しい景色が日の光りに照らされて姿を現していた。

大便じじいと別れた位置まで戻ると、彼は相変わらずそこで休んでいた。
しかもどうやら彼はこの2時間以上にわたる休憩ですっかり元気になったようで、
再び私と共に歩くことになった。

心の底からお断りしたかったが、ガイド1人につき2人までというのが原則、といわれてはどうしようもない。

だが、思う。彼、ガイドとしてカウントしていいのだろうか。
少なくとも私の感覚としてはいまここにいるのは大便じじいと小便小僧のトイレコンビである。

ガイドなんかどこにもいない。不安どころではない。

しかも大便じじいは反省という言葉を知らないのか、
また休憩も取らずに進んでいこうとした。

2時間以上休憩した彼はいいかもしれないが、私はもう限界をとっくに超えていた。
休憩を自分の意思で何度か取る。

しかし、そのたびに大便じじいは言う。

「早く行くぞ」

ひどくないですかい。
休憩していた間、歩きっぱなしだった私を気づかうという気持ちは彼にはないのだろうか。

あせらされて結局帰りもハイペースで下山した。
おかげで、町へと帰る車にたどり着いたとき、
私はもう一歩も動けなくなってついでに高山病の頭痛も再発して頭を抱えていた。

その様子を見たオーストラリア人カップルが言った。

「登山ではもう少し休憩取ったほうがいいよ」

そうですね。私もそう思います。

 

<画像集>
素人でも登れる!ボリビアの6000m越えの山ワイナポトシ<画像集>

 

次回→デスロードを越えて。格安アマゾンツアー1@ルレナバケ_世界一周旅行71
前回→イッテQに挑戦?ボリビアのワイナポトシ山6088mを素人が登山1@ラパス_世界一周69

世界中の格安ホテルが予約できるサイト

2件のコメント

  • アッキー

    SECRET: 0
    PASS:
    ポトシ登山したんだ!!
    それはこれからの人生かなり自慢できるよ!!しかもガイド大変だったねー( ̄ω ̄;)
    ドンマイ!!
    ポトシの絶景を堪能させてもらいました(*´∇`*)

  • SECRET: 0
    PASS:
    >アッキーさん
    ええ、もう散々自慢してやろうと思います。どうせだれも聞いちゃくれませんが笑
    ガイドはほんま大変でした。他の登山者がもううらやましくてしゃーなかったです

コメントを残す